CAD支援ソフトを使ったAutoCADによるIBD

  世界中で多くのユーザーに使用されデファクトスタンダードと言われるAutoCADをベースに、「論理回路図」や「亀の甲式ブロック図」のIBD作図作業の大幅効率化を図るため、豊富なシンボルと簡単なオペレーションを実現したシステムを用意しました

MBC CAD    

 入力信号名称をDB化することにより、シート間接続を自動化する。
 ・既存のMBC以外のAutoCAD図をMBC CAD化するための変換ソフトを装備。
 ・入出力覧の双方向対応のため、入力覧、出力覧どちらからでも入力可能。
 ・シート間接続、信号名称のエラーチェック機能により、接続ミス、誤記がなくなります。
 ・AutoCADを起動しなくてもロジック図編集ができるので、作業効率UP。
 ・プラント名、シート名称、ファイル名称を一元管理し、各シートのタイトルおよび目次を自動作成。
 ・文字列置換機能。
 ・交点・印付線分自動設置。(線分を描く際に交点・を自動的に設置する)
 ・図中に指定された信号情報を出力リストへ反映させ、その情報の編集をエクセルにて加工可能。
 

 

TSCAD  IBD CADシステム   

 ・本システムは、ブロック図間の信号の接続情報および図面名称等をデータベース化し、信号名称など
  変更を簡単な操作でできるようになっています。
 ・お客様のニーズにお応えできる自動処理、図面チェック機能を装備しています。